先輩から学ぶキャリアプラン

Interview先輩からのメッセージ

指導した後輩が、患者様から求められている姿をみるととても感慨深いです。

Message.05

千葉調剤部 係長 仲田 浩之

“イメージ写真

今、どんなことに取り組んでいますか

私は現在、施設・在宅業務を中心に仕事をしております。
医師の往診に同行し、処方された薬を正しく使用せずに残してしまう『残薬』を減らすため、往診同行やお薬お届け時に患者様がどのような薬を持っているのか・実際にはどのように使用しているのか・不必要な薬はないか・過剰な使用になっていないかなどを把握し、医師や看護師、患者様ご家族と連携をして薬の残薬管理に取り組んでいます。
また、社内では往診同行の研修をプロジェクトチームの活動の中で、企画・運営をしております。

“イメージ写真

薬剤師になってよかったと思う瞬間

以前は患者様から感謝の言葉を頂き、やりがいや喜びを感じていました。施設・在宅業務に携わるようになってからは、医師から感謝の言葉を頂く機会が増えました。
先日、医師からなかなか改善しない皮膚疾患に対して、薬剤選択の相談をされ、処方提案をした際に予後良好になったことがあり、患者様もとても喜んでくれました。後日医師から「助かりました、さすがだね」と感謝をしてもらい、チーム医療の一員として役立てたと、実感することができて、とても嬉しかったです。

どんなところにやりがいを感じますか?

在宅・施設の患者様はご高齢の方が多く、錠剤のまま薬を飲み込むことが難しい方や、薬の種類が多く飲み方や薬の管理が難しくなってしまった方も多くいらっしゃいます。薬剤師が関わることで錠剤を粉薬や粉砕に変更し飲み易くしたり、飲み方ごとに薬を一包化してまとめたり、お薬カレンダーを活用して飲み忘れを防いだりすることで患者様へ適切な服薬管理を提供し、貢献できているところにやりがいを感じています。

また、患者様や医師・看護師・施設スタッフそれぞれの考え方や想い、視点があり、私に相談してくれることも多く、他職種の意見を伺い勉強になることも沢山あります。医師の処方意図を施設看護師に説明したり、日々患者さんを看護している施設看護師からの医師への要望を、私が伝えたりします。そのような双方の意見、要望を聞き、薬剤師として貢献できているところにやりがいを感じています。

“イメージ写真

この会社を選んでよかったと思うポイント

会長、社長をはじめ上司やスタッフの距離が近く、自分がやってみたいこと、興味のあることを提案ができ、相談しやすいです。
また、エスシーグループには有志参加型のプロジェクトチームがあり、社員一人一人が、自分の能力を最大限に発揮・活用できる機会があります。そこに参加することで会社と共に自分の成長を実感しています。

“イメージ写真

自分がこれからなっていきたい薬剤師の姿

薬剤師の環境はどんどん変化していき、その中で広い視野を持ち、今できることを自発的にやる姿勢や考え方を持つことのできる薬剤師が求められていると思います。
12年目になった今でも患者様や医師から学ぶことが沢山あるので日々勉強をし、処方提案のスキルを磨き、患者様はもちろんのこと、患者様御家族、医師や看護師、施設スタッフから安心と信頼を得られ、薬のことは仲田に!と御指名をいただけるような薬剤師になりたいと思っています。

Message.06所沢クローバ薬局 薬局長 檜山 沙希
Copyright© 2019 scgroup. All Rights Reserved.