先輩から学ぶキャリアプラン

Interview先輩からのメッセージ

指導した後輩が、患者様から求められている姿をみるととても感慨深いです。

Message.07

東京調剤部 エリア課長 山本 康弘

“イメージ写真

なぜエスシーグループへ入社したいと思いましたか?

企業説明で皿澤会長から「毎年、4~5店舗を目安に店舗を増やしていく」と伺ったのがきっかけです。すでに出来上がった企業よりも、これから成長していく、そんな企業に魅力を感じました。見学した店舗の雰囲気が良かったのはもちろん、店舗スタッフがイキイキ、楽しそうだったのがとても印象的でした。
入社して15年が経ち、店舗数は当時の3倍以上に成長しております。会社の成長とともに幅広い業務に携わらせていただいております。

薬剤師という仕事に従事するうえで一番心がけている事

患者さまごとに違う一人ひとりのニーズに対応できるように、患者さまの表情や待っている様子にも気を配るように心がけています。処方内容だけではなく、患者さま個々のバックグランドを想像した声掛けをするようにしています。在宅医療のケースであれば、介護度に合わせた医療提供ができるように多職種連携に努めるよう心がけています。

薬剤師になって一番辛いと思った事とどう乗り越えたか

継承した店舗の薬局長を務めた時の事です。初めての薬局長業務に加え、業務手順や、患者さま応対などの意識や考え方に相違があり、想像以上に店舗がまとまりませんでした。上司にフォローいただき、店舗内の意思統一や、会社理念の理解、システム変更などに時間をかけました。最終的には人と人、相手を思いやる気持ちを持つことがきっかけで、店舗内が助け合い、いい方向に向かっていきました。その時の経験は今でも糧となっています。

“イメージ写真

今、どんな事にとりくんでいますか

東京エリアの8店舗を管轄しています。店舗業務や人員配置、個人面談・店舗ミーティングから数値目標の管理まで幅広い仕事です。日々変化する各店舗の状況を把握し、課題に対して早く対応するよう心がけています。
お越しになる患者さまが気持ちよく薬局を出られるように、雰囲気の良い薬局づくりをモットーに、新卒入社の社員であれば将来の成長を、中途入社の社員であればキャリアを活かした活躍を後押しできるよう日々、とりくんでいます。

どんなところにやりがいを感じますか?

エリア長の仕事はもちろんやりがいがありますが、社内の「プロジェクトチーム」にもやりがいを感じています。エスシーグループには「プロジェクトチーム」という活動があり、入社2年目以降の社員が自由に本社業務に携わっています。所属する人材採用チームでは、エリアや年齢、キャリアに関係なく集まったメンバー全員で採用業務を進めます。当然プレッシャーはありますが、若手社員が現場の経験を活かして、採用業務に取り組む姿勢に刺激をうけ、また本社業務を通して社員の成長にかかわれることにやりがいを感じています。

“イメージ写真

この会社を選んでよかったと思うポイント

「患者さま第一」を貫くことができる環境です。人員配置、在庫管理、働き方や研修など様々な取り組みすべてが一貫して「患者さま第一」に繋がっています。売上ランキングや店舗数では全国No.1ではありませんが、「患者さま第一」の薬局づくりではNo.1の会社です。

自分がこれからなっていきたい薬剤師の姿

変化しつづける薬剤師です。薬剤師を取り巻く環境が変わっていく以上、その変化に臨機応変に対応できる力を養っていきたいです。もちろんスキルや知識は大事ですが、求められる事に対応する行動力です。
薬剤師としてだけではなく、エリア長としても変化を受け止め、チャレンジしていきたいと考えています。

Copyright© 2019 scgroup. All Rights Reserved.